プロフィール

オバタ建設株式会社

Author:オバタ建設株式会社
東京は足立区を中心にRC(鉄筋コンクリート)住宅・建物を手掛ける会社です。

トイレの詰まりから耐震診断・耐震工事まで、リフォームの相談もどんとこいの"家の診療所"として日々活動中。

オバタ建設のwebサイトはこちら
http://www.obatakensetu.com/

最新トラックバック
カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

西新井氷川神社本社殿耐震工事

東京で耐震診断、耐震工事をするならオバタ建設





こんにちは


2月から始まった本社殿の耐震工事、今日はその一部をお知らせしようと思います。




まずはこの写真


新旧柱



古い柱と新しい柱が並んでいます。

古い方は永年にわたって社殿を支えてきた柱。かなり反っています。

並べてみると一目瞭然ですね。




今までは上の歪んだ柱に建具を合わせていたため、柱を交換し建入れを直した結果がこちら。
氷川神社引き戸
歪み調整後の建付の変化の写真ですが

あまりの変形に、随分と隙間が出来てしまっていますね。



当時の建具を担当した方も、どう収めていくか苦心されたのではないでしょうか。

苦労が偲ばれます。









そして最後はこちら。
new_DSC_0202.jpg
いかがでしょう?綺麗に収まっていますね。


新しい柱は群馬産の欅の木で、この時のために弊社代表が全国から探してきた一級のモノ。

大工さんもその力を十分に発揮してくれて、仕上げは上々です。



文字通り屋台骨となって本社殿を支えてくれることでしょう。

これにて新しい柱(角柱)の取付は完了です。



これからも耐震工事の経過は順次ブログにUPしていきます。


神様も進めている耐震工事、自宅の耐震化に興味のある方は

オバタ建設までお気軽にご相談下さい。


ではでは。
スポンサーサイト

足立区皿沼 O様邸耐震診断

こんにちは



今日は足立区皿沼のO様邸で耐震診断を行いました。


所謂旧耐震基準である昭和56年以前の建物ですが、住宅金融公庫から融資を


受けて建てた関係上、当時としてはしっかりした建物となっています。





下の画像は床下に潜った時のもの



床下写真1

本日の床下の空間はおおよそ約45cm程です。

これでも比較的余裕がある方で、狭い家だと30cmないところもあります。



床下写真2

手に持っているのは金属探知機です。

これでコンクリートの中に鉄筋が入っているかを調べます。

昔は鉄筋を入れなくてもよい時期があったので、しっかり検査しなくてはなりません。





今日も真っ黒になりましたが、一日かけて診断を終えることができました。



O様、精密診断書の作成が終わりましたらご報告に伺います!






東京で 足立区で耐震診断、耐震工事をするならオバタ建設



THEME:お仕事奮闘記 | GENRE:就職・お仕事 | TAGS:

足立区扇 I様邸

こんにちは



今日は I様邸の耐震診断を行いました。



建物の状態を診断員の目で見て確認するために

屋根裏に上がったり、床下に潜り込んだりと

真っ黒けになりました。

I様邸耐震診断




今日の現地調査の結果を元に精密診断書を作成するなど、耐震工事を行うか否か

お客様がしっかり検討できるように準備します。




ではでは




東京で 足立区で 耐震診断・耐震工事をするならオバタ建設




THEME:お仕事奮闘記 | GENRE:就職・お仕事 | TAGS:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。