FC2ブログ
プロフィール

オバタ建設株式会社

Author:オバタ建設株式会社
東京は足立区を中心にRC(鉄筋コンクリート)住宅・建物を手掛ける会社です。

トイレの詰まりから耐震診断・耐震工事まで、リフォームの相談もどんとこいの"家の診療所"として日々活動中。

オバタ建設のwebサイトはこちら
http://www.obatakensetu.com/

最新トラックバック
カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本当は怖い熱中症

こんにちは。

今日は雨降りの朝方から、次第に太陽が顔を出し激しく照りつけるダイナミックなお天気でした。

こんなにも急激に天気や気温、湿度が変わると、怖いのが熱中症です。

今日のお昼前にも弊社のすぐそばにあるバス停で、バス待ちの男性が熱中症で倒れるという
出来事がありました。

意識ははっきりしていたものの、倒れた際に後頭部を地面に打ちつけてしまったため、
大事をとって救急車で病院に行かれることに...。

今回のケースでは発見も早く(私も尽力致しました)命に別状はなさそうでしたが、
一歩間違えば死亡にもつながる危ない状態でした。


さて、よく聞く熱中症とは一体なんでしょう。

「熱中症とは、暑熱環境で発生する障害の総称で、熱失神、熱疲労(熱ひはい)、熱病、
熱けいれんに分けられます」~日本体育協会webサイトより~

また、「熱中症事故は、適切に予防さえすれば防げるものです。しかしながら、予防に関する
    知識が十分に普及していないため、熱中症による死亡事故が毎年発生しています。」
    とも書かれています。


では、その予防策とは何か!

それは簡単。塩分と糖分と水分を適宜摂ること。

特に外で働くガテン系な人(オバタ建設の中の人はここですね)やスポーツをする人は
1時間に2~4回、1回あたり200~250ml程摂取すれば良いそうです。

塩分と糖分と水分を手軽に摂るには、ポカリスウエ◯トやアクエリ◯スなどのスポーツ飲料
がオススメです。

糖分が気になるぽっこりお腹の方は、水で3割くらいかさ増しするとちょうど良い濃度になります。
※個人の感想です。

詳しい情報を知りたい方は日本体育協会WEBサイトをクリッククリック!!


本日のブログは新人山口に変わり高野がお送りしました。


ではでは~
スポンサーサイト

お気軽にご相談下さい!


こんにちは。


今日もどんより曇り空。
それもそのはず。
関東地方は6月9日頃から梅雨入りに。
これからは、曇・雨とうまく付き合っていかなくてはいけませんね。


突然ですが、今日は何の日だと思いますか?
ヒントは梅雨ということで、"雨"に関係しています。






正解は・・・雨漏り点検の日です!
なぜ今日が雨漏り点検の日になったかというと、
本格的な梅雨シーズンを前に、建物の雨漏り点検をしよう
ということで、全国雨漏検査協会が1997年4月に制定したそうです。


というわけで、
雨漏りが気になっている方や、点検してもらいたいとお考えの方
まずはお気軽にお問い合わせ下さい!!


↓↓お問い合わせはこちらから↓↓


また、6月23日(土)、24(日)は
住まいの悩み無料相談会を開催します。


↓↓詳しい内容は下記ブログへ↓↓


この機会に是非、住まいで気になっていることなど
お気軽にオバタ建設へご相談下さい!!


山口でした。


では。





地震への備えはできていますか?


こんにちは。


今日もいいお天気ですね。
動くと汗を書いてしまうくらいの暖かさです。


さて今日は、耐震についてのお話。


耐震とは、金物でガチガチに固定し建物自体の強さを高め
建物の倒壊や損傷を防ぐ仕組みのことを言います。


もともと、昭和56年5月以前に建てられた家は古い基準で建てられており、柱と梁の結合部分が比較的弱いケースが多く、大きな地震に耐えられるかどうか調べるために、耐震診断が必要になるのです。

↓↓耐震改修実施済建物と非実施建物に震度の地震を擬似的に発生させて実験した動画です↓↓
   ※0分17秒から御覧ください


いかがでしたか?

((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル  となった方もいるのではないでしょうか?



オバタ建設では耐震診断・耐震補強工事も行なっており
足立区では耐震診断助成・耐震改修工事助成を利用することが可能です。


昭和56年5月までに建築されたものが対象で
戸建住宅や共同住宅など建築物により助成金額は異なります。
木造住宅の耐震診断・耐震改修工事の場合、最大100万円の助成金をもらうことができます。


詳しく知りたい方はこちらからお気軽にご相談下さい。


いつ起こってもおかしくない地震に備えて
是非、お早めに耐震診断を受けてみてはいかがでしょう?


新入社員の山口からお送りしました。


    

PDCAサイクル?


こんにちは。


今日はすっきり晴れて気持ちの良いお天気ですね。


いきなりですが、皆さんはPDCAサイクルという言葉をご存知ですか?
お仕事されている方でしたら、知っている人も多いと思います。
私は恥ずかしながら聞いたこともありませんでした。


PDCAサイクルとは何かというと、

P・・・Plan(計画) 業務計画を作成する。
D・・・Do(実行) 計画に沿って業務を行う。
C・・・Check(評価)業務の実施が計画に沿っているかどうかを確認する。
A・・・Action(改善)実施が計画に沿っていない部分を調べて改善する。
   
この一連の流れを繰り返すことを、PDCAサイクルといいます。
このサイクルをきちんとこなせる人は、仕事ができる人だそうです。


img_pdca.gif

この話を知り、これって普通のことじゃないの?と思いましたが、
なかなか出来ない人も多いのだとか。


私もそうならないよう、これからは常にPDCAサイクルを意識し
仕事ができる人を目指して頑張ります。




では。




安全第一!


こんにちは。


今日、明日は雨模様のようです。
最近天気がころころ変わりやすいですね。


今日はちらっと聞いた消火器のお話。


消火器には、加圧式と蓄圧式の二種類があります。
皆さんがよく見かけるもので、多く使われているのは加圧式消火器なのですが、
その加圧式消火器で事故が多発しているようです。


加圧式では、使用する際一気に圧力をかけるため
容器に腐食がある場合、そこから薬剤が勢いよく噴射された結果
ロケットのように飛び上がり、顔に直撃し死亡したという事故もおこっています。


syoukakibakuhatu2.gifのサムネール画像


それに比べ蓄圧式は、常に圧力をかけている状態なので
万が一腐食しているところがあっても、そこから少しずつ圧力が抜けていくので
圧力がかかることはなく、飛び上がるといった事故のリスクは少ないそうです。


いざ火事が起こったときに私たちを守ってくれる存在の消火器が
私たちに危害を加えては元も子もないですよね。
蓄圧式消火器の方が若干値段が高いのですが
命にはかえられません。
是非この機会に点検・交換をしてみてはいかがでしょうか?


消火器のホームページです。


では。
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。