FC2ブログ
プロフィール

オバタ建設株式会社

Author:オバタ建設株式会社
東京は足立区を中心にRC(鉄筋コンクリート)住宅・建物を手掛ける会社です。

トイレの詰まりから耐震診断・耐震工事まで、リフォームの相談もどんとこいの"家の診療所"として日々活動中。

オバタ建設のwebサイトはこちら
http://www.obatakensetu.com/

最新トラックバック
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本日はF澤様邸の診断申請提出しました。

今晩は。
久しぶりの更新となります。
年明け1月から区の診断に関わっていて感じるのですがここ数件、”除却”についての問い合わせが多いんです。

現行の区の助成は期限付きで拡充(これは復興特税による拡充。)されています。平成27年度(平成28年3月)まで。

一つ目。

イ) 特定地域(※)における耐震改修工事費用に対する助成金拡充

 

   特定地域は、施工費の1/2で、60歳以上の方がいる世帯・障害者の方がいる世帯は150万円。
                上記の以外は120万円 が上限と成ります。

   ※印の地域は下記の通りです。
   千住地域→ 千住1丁目~5丁目、千住曙町、千住旭町、千住大川町、千住河原町、千住寿町、千住関屋町            千住龍田町、千住中居町、千住仲町、千住橋戸町、千住宮元町、千住元町、千住柳町、                千住東1丁目~2丁目、千住桜木1丁目~2丁目、千住緑町1丁目~3丁目。
   
   日ノ出町及び柳原1丁目~2丁目の地区

   中川地域→ 中川2丁目~中川3丁目の地区

   小台宮城地域→ 小台1丁目~2丁目の地区、宮城1丁目の地区

   本木梅田周辺地区→ 足立1丁目~4丁目、梅田1丁目~8丁目、扇1丁目、扇3丁目、興野1丁目~2丁目、                 関原1丁目~3丁目、西新井栄町1丁目~3丁目、西新井本町1丁目~5丁目、                     本木北町、本木西町、本木東町、本木南町、本木1丁目~2丁目の地域。

   以上が、区の認める”建物倒壊危険度ランク”危険レベル4以上の地域の隣地地域で火災の延焼防止に有効な   道路・公園等が存在する地区(区内21町丁目)です。
    
   ここに記載されない地域は、今まで通りで、60歳の方がいる世帯・障害者がいる世帯で工事費1/2の100万円
   上記の方がいない世帯は80万円にて助成が行われています。

  
   ロ) 建替え工事助成の廃止かつ解体工事費用に対する助成金の拡充9割負担で100万円が上限。

  
   これは、どうも建て替えの為の解体(除却作業)が増えていのでしょうか。ただいずれの場合にも、登録診       断員の診断報告書が必要になりますので、検討されてらっしゃる方は当方に御一報下さい。


   では。     
   

        
スポンサーサイト

耐震診断士登録講習会の復習その1。

こんばんは。

 

先ほど、区の講習会に行ってまいりました。

さすがに協会の濃い講習内容で13:30から18:30ガッチリ拘束されてきました。

 

区の耐震助成が始まったのが5年前となるので、この度の講習会と成ったようです。

 

いろいろと細かい所の改正がこれか有る様です。

 

本日、再確認出来た事は、建築基準法が最低の基準である事。

あくまでも耐震改修促進法の基準でこれからの木造建築物(構造において。)は建築されていくべきです。

 

診断法の評点1.0Gというのが980ガル。この基準で行きますと、

 

1995年 阪神・淡路大震災(兵庫県南部地震)は818ガル

2003年 宮城県沖地震は729ガル

2004年 新潟県中越地震は1676ガル

2007年 能登半島地震は 782ガル

2007年 新潟県中越沖地震は 667ガル

まだまだ沢山ありますが、こんな感じです。

 

で、この診断法の基準(極めてまれに(100年に一度。)発生する地震で人命に危害を生じない。)。

要は、建築物は変形するけども、倒壊しない。

が評点1.0(980ガル)という事。

 

さて、建築基準法の基準については?

 

それについてはまた明日。

 

では。

タイルの剥落。

こんばんは。

 

本日緊急のメンテナンス依頼で、伺った建物。

 

数枚のタイルが剥落と思ったんですが、こんな感じ。

P1120328.JPG

内部が雨水の侵入によりボロボロ。

 

現在は、タイルのモルタル面で持っているだけ。もしかすると、場所が玄関アプローチ上部だったのでそのままにしてしまうと、剥落した時に下に人が居たら怪我してしまう事が推測されます。

 

お客様に説明を致しました所、明日からタイルを剥がします。

 

御理解の程、誠にありとうございました。

 

では。

構造クラック(ヒビの事)発見。

こんばんは。

 

本日調査したアパートで発見した構造クラックです。

P1120073.JPG

よく見ると、外壁が膨らんでいます。

これはモルタル部分が剥離して重さでたわんでいるか、築年数から考えると基礎と土台の所にヒビから入水し続けた結果土台が腐ってつぶれている可能性まで考えなければなりません。

 

こうなると、破壊検査(一部分を壊し内部を確認する。)が必要です。

 

地震は必ず起こりますが、いつ来るかは判りません。

 

ここまでの状態に成る前に手を打たないと高額な工事に成りますので、

自宅の周りをちょっとの時間で済みますから築年数30年の建物については確認して頂きたいと思います。

 

では。

 

耐震診断の問い合わせ有難うございます!

 こんばんは。

 

本日は耐震診断の相談に舎人まで行ってまいりました。

 

昭和46年築のお住まいでした。

 

一階は工場で二階がお住まい。

 

一階が工場で・・・・

 

一階は鉄骨造で二階が木造!!

 

見事な混構造っぷりでしたねぇ。

 

階層の混構造で助かりました。平面上の混構造だと大変です。鉄と木では揺れ方が異なるんです。

 

階層でもそれなりに大変なんですけども、接続の仕方について補正値でクリアできますのでね。

 

しかし、今は昭和で言うと85年。(-46年)で39年前となり、足立区の助成対象です。

 

足立区認定耐震診断士として、建築士として経験値がまた上がります!!

 

御用命有難うございます。一生懸命頑張ります!

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。