プロフィール

オバタ建設株式会社

Author:オバタ建設株式会社
東京は足立区を中心にRC(鉄筋コンクリート)住宅・建物を手掛ける会社です。

トイレの詰まりから耐震診断・耐震工事まで、リフォームの相談もどんとこいの"家の診療所"として日々活動中。

オバタ建設のwebサイトはこちら
http://www.obatakensetu.com/

最新トラックバック
カレンダー
06 | 2012/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リフォーム工事を任せるのはだれに?

国交省がようやく動き出したようです...。


◇「軽微な工事」にも建設業許可、国交省が検討開始へ◇

>国土交通省の「建設産業戦略会議」がこのほど発表した提言によると、現在、建設業許可の対象

>外となっている「軽微な建設工事(建築一式工事では請負代金額が1500万円未満の工事または延

>べ床面積150平方メートル未満の木造住宅工事。それ以外の建設工事は、請負代金額が500万円

>未満の工事」について、今後のリフォーム市場拡大とトラブル防止の観点などから建設業許可の対象とする方

>向で検討に入る。


一般に、何かを依頼するときは専門の資格を持ったところにお願いすることが多いと思います。
法律のことは法律事務所、身体のことは病院といったように...。

ところが、建設業において、一番ボリュームの多い500万円未満のリフォーム工事というのは
実は仕事を請ける側の建設業許可を受ける必要がありません。

いわば、無許可・無資格で工事を行うことができることになります。
つまり「ワタクシ、リフォーム業者デス。」と言ったら、それはリフォーム業者になれてしまうのです。

そうなると問題になるのが、悪徳リフォーム業者の存在です。

悪質リフォーム業者の定義とは、必要のない工事に必要のない建材を使い大金をぼったくる
といったところでしょうか。

「点検は無料です」と言葉巧みに屋根や軒下に入り込み、瓦や柱をわざと傷つける。
傷の付いた箇所の写真を見せながら、もっともらしく「このままでは家が危険です」
と住民の不安を煽り、出鱈目な金額・不適切な工法で工事契約をする...。

このような被害を伝えるニュースを見たことがある方も多いと思います。

弊社にも、毎月悪質リフォーム工事に関する相談があるのですが、現場調査をするととても専門家の仕事とは思えない無残な状態になっていることが多いです。

残念ながら業界の癌とも言うべき存在でしょう。

今後こうした規制によって業界がよりフェア&クリーンになることを期待します。



足立区でリフォーム、耐震改修工事をするならオバタ建設


スポンサーサイト

熱中症危険警報発令!?

暑い日が続きますね、こんにちは

夏は暑いといいますが、今日はまた一段と暑いです

環境省からは、暑すぎてお外での運動は危ないですよ、中止ですよと呼ばかけがなさるような状況です。

お外で活動される方はくれぐれも水分の補給を忘れないでくださいね。








そんな中でも、御施主様の笑顔のために今日も家を建て続けるオバタ建設ですが(汗

現場の状況はこのような感じです↓↓↓

I邸気温20120717.JPG

( ゚д゚)

(つд⊂)ゴシゴシ

(;゚д゚)

(つд⊂)ゴシゴシ
  _,._
(;゚ Д゚)ホォォーー...?!

(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル


風通しのあまり良くない現場とはいえ、50℃超とは...


水分補給しながら頑張ります!

ではでは~

さいたま市 Uビル新築工事 地鎮祭

7月5日木曜日、晴れ渡るさいたま市において、Uビルの地鎮祭が行われました。

お天道さまが祝福してくれたのか、神主さんもオーナー様ご家族も揃って汗だく進行となりました(汗

さすが神職にあらせられる神主さん、汗をかきながらも涼しいご様子...

P1060207.JPG

実はこちらの神主さん、芸人さまぁ~ずが街を練り歩く世界一ドイヒーな番組『モヤモヤさまぁ~ず2』
に出演歴があるヌシカンさんでもあるのです!!



話がそれてしまいましたが、Uビル着工に向けて一生懸命がんばります!



ではでは~

本当は怖い熱中症

こんにちは。

今日は雨降りの朝方から、次第に太陽が顔を出し激しく照りつけるダイナミックなお天気でした。

こんなにも急激に天気や気温、湿度が変わると、怖いのが熱中症です。

今日のお昼前にも弊社のすぐそばにあるバス停で、バス待ちの男性が熱中症で倒れるという
出来事がありました。

意識ははっきりしていたものの、倒れた際に後頭部を地面に打ちつけてしまったため、
大事をとって救急車で病院に行かれることに...。

今回のケースでは発見も早く(私も尽力致しました)命に別状はなさそうでしたが、
一歩間違えば死亡にもつながる危ない状態でした。


さて、よく聞く熱中症とは一体なんでしょう。

「熱中症とは、暑熱環境で発生する障害の総称で、熱失神、熱疲労(熱ひはい)、熱病、
熱けいれんに分けられます」~日本体育協会webサイトより~

また、「熱中症事故は、適切に予防さえすれば防げるものです。しかしながら、予防に関する
    知識が十分に普及していないため、熱中症による死亡事故が毎年発生しています。」
    とも書かれています。


では、その予防策とは何か!

それは簡単。塩分と糖分と水分を適宜摂ること。

特に外で働くガテン系な人(オバタ建設の中の人はここですね)やスポーツをする人は
1時間に2~4回、1回あたり200~250ml程摂取すれば良いそうです。

塩分と糖分と水分を手軽に摂るには、ポカリスウエ◯トやアクエリ◯スなどのスポーツ飲料
がオススメです。

糖分が気になるぽっこりお腹の方は、水で3割くらいかさ増しするとちょうど良い濃度になります。
※個人の感想です。

詳しい情報を知りたい方は日本体育協会WEBサイトをクリッククリック!!


本日のブログは新人山口に変わり高野がお送りしました。


ではでは~
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。