FC2ブログ
プロフィール

オバタ建設株式会社

Author:オバタ建設株式会社
東京は足立区を中心にRC(鉄筋コンクリート)住宅・建物を手掛ける会社です。

トイレの詰まりから耐震診断・耐震工事まで、リフォームの相談もどんとこいの"家の診療所"として日々活動中。

オバタ建設のwebサイトはこちら
http://www.obatakensetu.com/

最新トラックバック
カレンダー
05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

本日、耐震診断を行いました!

こんばんは。

本日、前回ブログに紹介した、耐震診断の一件目を行いました。

建坪は確認申請上は26坪の31年前の建物でした。(その後、増築し形状が違う。)

霧雨の中、外観をチェック→内部の壁仕様、床の仕様、天井の仕様、壁の倒れ等の確認。

その後に、小屋裏へ良い汗をかいたあとに。

一階へ。

今回は二階と一階の階層間に十分な余裕があったので筋かいの確認はこっち(階層間)で見ることに。

最後に基礎の状況の確認に・・・・

畳の荒床を切り抜き、床下を見ると埋め戻しの土面が近くに。

計ってみると、25センチで大引きに大引きは75ミリ角だったので、325ミリの懐しかない

ホフクゼンシンを余儀なく行い、土台の劣化状況、基礎コンクリートのヒビの有無。

卸したばかりの使い捨てツナギ(3~5回は洗って使える)は早くもボロボロになってしまいました。

とほほ・・・。

そんな犠牲を払いながら無事に調査を完了致す事が出来ました!

このデータを診断書に反映する仕事がこれから待っています!

気張らねば!!!

 

P1040257.JPG

写真は金属探知機で基礎鉄筋の有無を確認しておる所。

 

さて、冒頭にも書きましたが、確認申請図面と現状の建物形状等が、異なっていても診断は可能です。

また、足立区はその事には寛容な所がある様です(補強しないで倒壊する事のほうが駄目という考え)。

助成金対象の築造年にお住まいの方々、区の耐震係に伺ってみては如何でしょう?

 

 足立区役所 建築部 建築防災課 耐震助成係 ℡ 03-3880-5317

 

では。

 

 

小幡(憲)

 

 

 

スポンサーサイト



COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント