FC2ブログ
プロフィール

オバタ建設株式会社

Author:オバタ建設株式会社
東京は足立区を中心にRC(鉄筋コンクリート)住宅・建物を手掛ける会社です。

トイレの詰まりから耐震診断・耐震工事まで、リフォームの相談もどんとこいの"家の診療所"として日々活動中。

オバタ建設のwebサイトはこちら
http://www.obatakensetu.com/

最新トラックバック
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

築古アパートのリノベーションとか

東京で、足立区リノベーションをするならオバタ建設










こんにちは




建物が古くなり空室が目立つようになったアパートをなんとかしたい!

と、賃貸オーナー様から相談をいただいた物件の現調に行って来ました。




その結果、いくつか気になる点が見えてきました。間取りは2K(約30㎡)が主体の
賃貸物件でなのですが

いくつか気になる点が。







1.和室+和室+キッチンという間取りで、洋室(フローリング)がない

和室、和室、キッチン

個人的には畳に寝っ転がるのが好きなので和室党なのですが

ライフスタイルを欧米化させられた現代社会では、和室はあまり好まれないようです。

はっきり言ってしまうと、洋室がない物件はお客さん(入居者)が非常に

付き辛いのが現実なのです。嗚呼、無情




2.おフロとトイレが分かれていない

3点セットのユニットバス


バブル期のワンルームマンションに多くみられた、所謂「三点ユニットバス」というもので、

画像の通りおフロとトイレ洗面台が同じ部屋にあるタイプをいいます。


これがまた困りもので

おフロに入っている時にはトイレが使えません(その逆も然り…)


この三点ユニットバスも敬遠されがちです。





次点. 洗濯機置き場が室内にない。エアコンが設置されていない。



築古物件では洗濯機置き場が外廊下というのも多いのですが、

セキュリティ・プライバシーに敏感な20、30代(特に女性)に避けられる傾向にあります。


そしてエアコンですが、お客さんは完全に『ある』前提でお部屋探しをしているので

設置しないと『戦えない』と言えましょう。




築古物件に多く見られる、上記のような(賃貸市場の)需要と(オーナーサイドの)供給の

『ギャップ』を解消し、競争力のある魅力的な物件に甦るよう、現在鋭意プラン作成中です。






ではでは~

スポンサーサイト

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。